新聞折込の料金マニュアル

by author



普段、新聞を読んでいるとスーパーマーケットやカーディーラーなど様々なところの広告チラシが新聞に挟まれているのを見ますが、中には自分も新聞折込をやってみたいなと思う人もいるでしょう。例えば、自分の住んでいる地域で何かイベントを開こうと思っている人が、その宣伝をしようとしても、インターネットだけでは不特定多数の人に見てもらえるというメリットはありますが、本当にその情報を知って欲しい人に見てもらえる確実性はありません。

しかし、新聞折込をすることで、対象としている人たちに直接情報を伝えることが可能となります。

折込チラシの問い合わせの人気度が上昇しています。

ただ、気になるのはどれだけの料金がかかるのかですが、必ずしも高いものではありません。通常の新聞折込は、1枚ごとの単価に折込む枚数を掛けることでその料金が計算されます。

教えてgooを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

そして、その単価は地域やチラシのサイズによって異なりますが、3円から4円くらいほどで折込むことができる場合が殆どで、仮に、予算が10万円であれば、3万世帯近くの新聞にチラシを折り込むことが可能です。
そのため、非常にコストパフォーマンスの高い宣伝方法と言え、その料金も効率的に宣伝を行うことで抑えることが可能です。



また、業者によってはチラシの印刷まで請け負ってくれるところもあり、忙しい人にとっては非常に魅力的なサービスとなっています。

加えて、チラシのデザインすら請け負ってくれる場合もあり、自分でチラシを作ることに自信のない人は、一から新聞折込サービスを受けることができます。