新聞折込の費用対効果を高めるには

by author



新聞折込の費用対効果を高めるには、どのような方法が良いのかと言えば、正確な情報で購読者の目を引くことが大切になります。

大抵のチラシは作成者目線で、これなら消費者が飛びつくという考え方で作製されたものが多いでしょう。

新しい折込チラシに対する期待が寄せられています。

しかしながら、本当に新聞折込の効果が得られているチラシは、全体の10%未満と言われています。新聞は多くの人が購読する媒体であり、それを期待して広告を便乗させるのが狙いでしょうが、自身に関係ないチラシはそのままスルーとなるでしょう。

例えば、自動車に興味がなく、買い替えも検討していないのであれば、チラシを見る必要がありません。

ターゲットとなる対象者に、目にとまるチラシ内容でないといけません。

いくら、買い替えを検討している人でも、チラシの内容が目にとまらなければ一瞬にしてゴミ箱行きとなります。

消費者にとって、お得となる情報を正確に伝えることが必要でしょう。

livedoorニュース情報を多数ご用意したサイトです。

価格重視の誇大広告でも、実際に購入する際に金額が増えるようなことであれば消費者の評価を下げるでしょう。



「10万円ポッキリ」と書かれた広告で、実際の車両を見に行くと、諸経費込や車検、付随するサービスを含めて50万円となるのであれば、ポッキリという文言に食いつく消費者心理を上手く逆手にとった宣伝手法で、その後の消費者目線が変わり、逆効果となるのです。


新聞折込は、広範囲というところにメリットがあるため、少数でも目にとまった人に十分な内容が伝わり、保管されるようなチラシでなければいけません。